TOMEI POWERED INC. ONLINE CATALOGUE

RB26/RB25 鍛造H断面コンロッド

コンロッド

より強く、より軽く。高出力に耐え、高レスポンスを実現。

コンロッドにはピストンが受けた圧縮圧力を、クランクシャフトに伝達するための非常に大きな力が加わります。 また、ピストンと一体になって運動部となるため、慣性重量のバランスはエンジン回転の滑らかさ、高回転での耐久性に大きく影響します。 そして重量そのものはエンジンレスポンスに直結し、そのエンジンの性格を決めてしまいます。
TOMEIコンロッドは強度・バランス・軽さのすべてを高次元でバランスさせ、エンジンチューニングにとって必要不可欠な製品に仕上げました。

PRODUCT INFO

適用 品番 定価 備考
RB26DETT
RB25DE(T)
125001 ¥120,000 (税込 ¥132,000) ・φ21ピン
・中心間距離121.5mm
125002 ・φ21ピン
・中心間距離119.5mm(RB28専用)

FEATURE / SPEC

コンロッドCONROD コンロッドボルトCONROD BOLT コンロッドベアリングCONROD BEARING
品番P/N 中心距離Length 大端部径×厚さL.Diam*Length 小端部径×厚さ
ブッシュ内径)
S.Diam*Length
(Bush Inner Cir)
材質Materiak ネジサイズBolt Size 首下長さHeight Under Neck 内径Inner Circum ベアリング幅Bearing Width
125001 121.5mm φ51×21.8mm φ21×21.8mm SNCM439 3/8-24 40mm φ48mm 17.0mm
125002 119.5mm φ51×21.8mm φ21×21.8mm SMCM439 3/8-24 40mm φ48mm 17.0mm
開発テーマDevelopment Thema
  • 強度と軽量のバランス
  • 大端部、小端部の剛性
  • ロッド部の座屈(圧縮圧力)強度
  • 小端部の構造
  • 慣性質量のバランス
  • 引張応力に耐えるコンロッドボルト
  • Balance of Strength and light weight.
  • Maintaining the rigidity of both the large end and small end.
  • Reduction in the rod from buckling under high stress loads.
  • Small Ends Structure.
  • Balance of inertial mass.
  • The connecting rod bolt to withstands high tensile stress loads.

  • H断面H-BEAM DESIGN


    高い座屈強度と軽量化を果たすため、一般にH型かI型の断面形状を採用しますが、その選択はエンジンの目的や使用条件、製造コストや生産量などによって決定されます。TOMEIはH断面を選択。重量を抑えながら高い座屈強度を確保しました。 The selection process between both I-Beam & H-beam design is usually decided upon the weight, buckling strength & production costs for the conrods. We have designed & made conrods for Nissan RB,SR,VQ, Mitsubishi 4G, Subaru EJ & also for Toyota 3S, 1J & 2J engines. We chose to aim for overall strength while maintaining a light weight design.

    大端部の剛性REAL STRENGTH


    大端部に剛性不足があるとメタルハウジングが変形し、メタルが均一に当たらなくなり焼き付きを起こします。剛性を確保するためにロッド部と大端部のつながりを滑らかにした”なで肩形状”を採用しました。 When the rigidness is insufficient enough at the large end, the metal housing can deform, which can cause metal burns. In order to guarantee overall strength where the rod is connected, the large end was made smoother and the “shoulder form shaped” was adopted.

    結合強度の確保SECURED CONNECTION STRENGTH


    ロッド部とキャップ部の合わせ面の面積を大きくとることで結合強度を上げ、大端部の縦型楕円変形を押さえ、コンロッドベアリングのクリアランスを確保します。 The strength of the connection is raised with the design aspects of the meting face of the rod. This minimizes the chances of elliptical deformations caused when under serious stress loads from serious power applications and thus maintaining the correct conrod bearings clearances.

    クランクスラスト面の保護PROTECTING THE CRANKS THRUST FACE


    コンロッドの大端部のスラスト面を単純な円形にしてしまうとクランクシャフトのスラスト面よりも小さな面積で接触することになり、クランクシャフトのスラスト面を局部的にすり減らしてしまうことになります。
    TOMEIのコンロッドは、クランクシャフトのスラスト面より大きな面積で接触するデザインとすることで、クランクシャフトのスラスト面を保護しています。
    If the thrust aspect of the connecting rods large end is designed as a simple circle, the conrods side will cause irregular wear on the cranks thrust aspect area and thus shortening the life of the crankshaft.
    The TOMEI conrods thrust protector is designed to come into contact with the entire contact surface area rather that just the thrust aspect of the crank.


    小端部の構造STRUCTURE OF THE SMALL END


    小端部ブッシュへのオイルの導入は、小端部の上方にテーバー形状のオイル穴を設ける方法を採用しました。
    コンロッド上昇時にピストンピンが下方へ押しつけられることにより、上方のクリアランスに滴下するオイルを取り込むもので、ロッド部に穴を通し、大端部からオイルを送り込む方法に比べ、ロッド部の疲労強度が低下しません。
    The oil cap bush now has 2 holes for oil to enter for lubrication.
    This bush experiences high load whilst providing oil hole from the top of the bar when the upper piston pin is pressed down when the conrod rises. Unlike other aftermarket conrod designs our H-Beam conrod design does not have the oil feed in the center of the rod from the big end. This way the center is solid for maximum strength.


    コンロッドボルトCONROD BOLTS


    強烈な引張応力に耐えるため特殊鋼を使用するとともに、その製造をARP社(USA)に委託しました。軸部を細くすることで、ねじ部に負担をかけず、軸部を伸ばす考え方を取り入れています。また、コンロッド側にネジを切り、ナットを使用しないため、軽量化を果たすと共に肩の形状を緩やかなものとすることができ、大端部の強度を確保できるのです。 ARP L19 rod bolts were selected for our applications due to the superior strength and fatigue properties. A special thinner frame was designed with minimal burden on the threads. The threads was cut into the connecting rod side since no nuts are used which helps with weight reduction. This design promotes strength while benefiting with weight reductions. L19 is the top range type of ARP rod bolts used since it’s a much higher strength material compared to the ARP2000 and is capable of delivering the highest clamp loads possible.

    SNCM439材の採用SNCM439 METAL


    著しく高い剛性が要求される特珠な用途でしか使用されないSNCM439材を採用。添加されたニッケルの効果により、高性能ターボエンジンのコンロッドに求められる高強度と粘り強さを高い次元で両立しました。 The SNCM439 material is normally used only when considerably high rigidity is required. High strength conditions are key elements for the conrod for supporting a highly efficient turbocharged engine. Nickel was also added for extra tension resistance.

    ノックピンNOCK PIN


    メタルが均一に当たらなくなることによる焼き付きを防ぐため、ボルト穴にノックピンを挿入し、大端部のロッド側とキャップ側の合わせ面のズレを抑えました。 To help prevent burns where the metal connects to one another a nock sleeve is inserted in the bolthole to help reduce any gaps between the face of rod side and the cap side. This maintains a more secured fitment.

    軽量化ULTRA LIGHT WEIGHT


    コンロツドの強度を確保しつつ、徹底した軽量化を果たしました。 The lightest weight possible without compromising the conrods strength for high power use.

    ARPモリブデングリス付属ARP MOLYBDENUM GREASE INCLUDED


    ARPモリブデングリスは、熱や圧力に対して強く、トルク管理のばらつきを抑え、締め付けトルクの安定化を実現します。 The ARP Molybdenum grease is highly resistant against heat and pressure, enabling a accurate torque figure when tightening the fastener.

    関連製品RELATED PRODUCT

    NISSAN RB28 KIT

    FORGED H-BEAM CONROD KIT RB26DETT/RB25DE(T)

    CONROD

    Stronger, Lighter, Improved Response & Designed For Big Race Engines!!

    The connecting rods role is to transfer the compressed pressure that the piston receives to the crankshaft. When the connecting rod becomes one with the piston the connecting rods inertial weight and balance then plays a major factor in the smoothness of the engines rotation assembly and durability at high RPM. The weight factor itself will dramatically change the engines characteristics. The overall strength, balance and light weight properties that the TOMEI connecting rod design will take your engine to the next level.

    PRODUCT INFO

    APPLICATION P/N JPY NOTE
    RB26DETT
    RB25DE(T)
    125001 ¥120,000 ・φ21Pin
    ・Length 121.5mm
    125002 ・φ21Pin
    ・Length 119.5mm For RB28 Stroker Kit

    FEATURE / SPEC

    コンロッドCONROD コンロッドボルトCONROD BOLT コンロッドベアリングCONROD BEARING
    品番P/N 中心距離Length 大端部径×厚さL.Diam*Length 小端部径×厚さ
    ブッシュ内径)
    S.Diam*Length
    (Bush Inner Cir)
    材質Materiak ネジサイズBolt Size 首下長さHeight Under Neck 内径Inner Circum ベアリング幅Bearing Width
    125001 121.5mm φ51×21.8mm φ21×21.8mm SNCM439 3/8-24 40mm φ48mm 17.0mm
    125002 119.5mm φ51×21.8mm φ21×21.8mm SMCM439 3/8-24 40mm φ48mm 17.0mm
    開発テーマDevelopment Thema
  • 強度と軽量のバランス
  • 大端部、小端部の剛性
  • ロッド部の座屈(圧縮圧力)強度
  • 小端部の構造
  • 慣性質量のバランス
  • 引張応力に耐えるコンロッドボルト
  • Balance of Strength and light weight.
  • Maintaining the rigidity of both the large end and small end.
  • Reduction in the rod from buckling under high stress loads.
  • Small Ends Structure.
  • Balance of inertial mass.
  • The connecting rod bolt to withstands high tensile stress loads.

  • H断面H-BEAM DESIGN


    高い座屈強度と軽量化を果たすため、一般にH型かI型の断面形状を採用しますが、その選択はエンジンの目的や使用条件、製造コストや生産量などによって決定されます。TOMEIはH断面を選択。重量を抑えながら高い座屈強度を確保しました。 The selection process between both I-Beam & H-beam design is usually decided upon the weight, buckling strength & production costs for the conrods. We have designed & made conrods for Nissan RB,SR,VQ, Mitsubishi 4G, Subaru EJ & also for Toyota 3S, 1J & 2J engines. We chose to aim for overall strength while maintaining a light weight design.

    大端部の剛性REAL STRENGTH


    大端部に剛性不足があるとメタルハウジングが変形し、メタルが均一に当たらなくなり焼き付きを起こします。剛性を確保するためにロッド部と大端部のつながりを滑らかにした”なで肩形状”を採用しました。 When the rigidness is insufficient enough at the large end, the metal housing can deform, which can cause metal burns. In order to guarantee overall strength where the rod is connected, the large end was made smoother and the “shoulder form shaped” was adopted.

    結合強度の確保SECURED CONNECTION STRENGTH


    ロッド部とキャップ部の合わせ面の面積を大きくとることで結合強度を上げ、大端部の縦型楕円変形を押さえ、コンロッドベアリングのクリアランスを確保します。 The strength of the connection is raised with the design aspects of the meting face of the rod. This minimizes the chances of elliptical deformations caused when under serious stress loads from serious power applications and thus maintaining the correct conrod bearings clearances.

    クランクスラスト面の保護PROTECTING THE CRANKS THRUST FACE


    コンロッドの大端部のスラスト面を単純な円形にしてしまうとクランクシャフトのスラスト面よりも小さな面積で接触することになり、クランクシャフトのスラスト面を局部的にすり減らしてしまうことになります。
    TOMEIのコンロッドは、クランクシャフトのスラスト面より大きな面積で接触するデザインとすることで、クランクシャフトのスラスト面を保護しています。
    If the thrust aspect of the connecting rods large end is designed as a simple circle, the conrods side will cause irregular wear on the cranks thrust aspect area and thus shortening the life of the crankshaft.
    The TOMEI conrods thrust protector is designed to come into contact with the entire contact surface area rather that just the thrust aspect of the crank.


    小端部の構造STRUCTURE OF THE SMALL END


    小端部ブッシュへのオイルの導入は、小端部の上方にテーバー形状のオイル穴を設ける方法を採用しました。
    コンロッド上昇時にピストンピンが下方へ押しつけられることにより、上方のクリアランスに滴下するオイルを取り込むもので、ロッド部に穴を通し、大端部からオイルを送り込む方法に比べ、ロッド部の疲労強度が低下しません。
    The oil cap bush now has 2 holes for oil to enter for lubrication.
    This bush experiences high load whilst providing oil hole from the top of the bar when the upper piston pin is pressed down when the conrod rises. Unlike other aftermarket conrod designs our H-Beam conrod design does not have the oil feed in the center of the rod from the big end. This way the center is solid for maximum strength.


    コンロッドボルトCONROD BOLTS


    強烈な引張応力に耐えるため特殊鋼を使用するとともに、その製造をARP社(USA)に委託しました。軸部を細くすることで、ねじ部に負担をかけず、軸部を伸ばす考え方を取り入れています。また、コンロッド側にネジを切り、ナットを使用しないため、軽量化を果たすと共に肩の形状を緩やかなものとすることができ、大端部の強度を確保できるのです。 ARP L19 rod bolts were selected for our applications due to the superior strength and fatigue properties. A special thinner frame was designed with minimal burden on the threads. The threads was cut into the connecting rod side since no nuts are used which helps with weight reduction. This design promotes strength while benefiting with weight reductions. L19 is the top range type of ARP rod bolts used since it’s a much higher strength material compared to the ARP2000 and is capable of delivering the highest clamp loads possible.

    SNCM439材の採用SNCM439 METAL


    著しく高い剛性が要求される特珠な用途でしか使用されないSNCM439材を採用。添加されたニッケルの効果により、高性能ターボエンジンのコンロッドに求められる高強度と粘り強さを高い次元で両立しました。 The SNCM439 material is normally used only when considerably high rigidity is required. High strength conditions are key elements for the conrod for supporting a highly efficient turbocharged engine. Nickel was also added for extra tension resistance.

    ノックピンNOCK PIN


    メタルが均一に当たらなくなることによる焼き付きを防ぐため、ボルト穴にノックピンを挿入し、大端部のロッド側とキャップ側の合わせ面のズレを抑えました。 To help prevent burns where the metal connects to one another a nock sleeve is inserted in the bolthole to help reduce any gaps between the face of rod side and the cap side. This maintains a more secured fitment.

    軽量化ULTRA LIGHT WEIGHT


    コンロツドの強度を確保しつつ、徹底した軽量化を果たしました。 The lightest weight possible without compromising the conrods strength for high power use.

    ARPモリブデングリス付属ARP MOLYBDENUM GREASE INCLUDED


    ARPモリブデングリスは、熱や圧力に対して強く、トルク管理のばらつきを抑え、締め付けトルクの安定化を実現します。 The ARP Molybdenum grease is highly resistant against heat and pressure, enabling a accurate torque figure when tightening the fastener.

    関連製品RELATED PRODUCT

    NISSAN RB28 KIT
    PAGE TOP