TOMEI POWERED INC. ONLINE CATALOGUE

R33RB25DE(T) バルブスプリング

バルブ関連

写真はAタイプ

TOMEIでは、材質や表面処理を含む設計思想や生産技術を研究した上に、幾多にも渡る試作品を製作し、過酷なまでのテストを繰り返して品質管理を徹底し、各シチュエーションに対応出来るバルブスプリングをラインナップしています。
高回転・高出力チューニングエンジンには、カムプロフィールを確実にバルブへ伝える精度の高い計算されたバルブスプリングが必要です。

PRODUCT INFO

適合 タイプ リフト長(mm) 品番 定価(税抜) 備考
R33RB25DE(T) A ~8.80 13203R855 ¥36,000
B ~10.25 163022 ¥54,000 ・IN リテーナー付
・ソリッドカム専用

FEATURE / SPEC

線径DIA METER 自由長(mm)FREE LENGTH(mm) セット長(mm)SET LENGTH(mm) リフト長(mm)LIFT LENGTH(mm) 密着長(mm)COMPRESSED LENGTH(mm) セット荷重(kgf)SET LOAD(kgf) リフト荷重(kgf)LIFT LOAD(kgf) 材質MATERIAL 処理PROCESS 識別色COLOR ID
A TYPE IN Φ3.80 36.2 30.6 21.6 19.0 23.9 62.4±5% SWOSC-V 窒化Nitride Green
A TYPE EX Φ3.90 41.0 34.4 25.6 24.0 25.6±7% 72.1±7% SWOSC-VX 窒化Nitride Blue
B TYPE (IN/EX) Φ3.90 41.0 35.0 25.0 24.0 24.2±7% 80.6±7% SWOSC-VX 窒化Nitride Blue

■ 多段不等ピッチスプリング
1本のスプリングの中でバネレートを数段組み合わせることで、固有振動数が飛躍的に高くなります。共振を起こりにくくし、サージングの抑制効果も向上させました。
■ Multi Coil Unequal Pitch Springs
By combining several steps of spring rates into the one spring and vibration frequency becomes amazingly high. This greatly minimizes resonance and the chances of surging.

■ 改良型シリコンクロムオイルデンパー線
現在考えられるスプリング材料の中では最高の素材とされる、シリコンクロムオイルテンパー線材をさらに進化させる改良型を採用。
最適な設計と合わせることで、ジャンプやバウンスの発生を抑え、最高回転数を上昇させました。また、疲労限度を著しく上昇させました。
■ Advanced Oil Tempered Chromium-silicone Alloy Steel Core
Oil tempered chromium-silicone alloy steel wire is used which is considered to be the best material for springs for performance applications and evolved it even further. Combined with a new optimized design, not only did we make it tougher, we also succeeded in suppressing valve jumps or bounce even when raising the engines speeds RPM limit.

■ ショットピーニング
スプリングの表面に小さな鋼球を高速で無数に打ち付けて、ばねの表面に圧縮の残留応力を形成させ、疲労限度を増す工程。従来から実施されていますが、設計変更に併せて最適値に変更しました。
■ Shot Peening
A process that strikes many small steel balls onto the surface of the spring at high speeds is made to enhance the surface of the spring to raise its fatigue limit. Although it has been carried out earlier during the manufacturing process.

■ ホットセッチング
高温状態のスプリングに実際に使用する荷重以上の大きな荷重を加え、永久変形を生じさせる工程。長期に渡り最高の性能を確保して、へたりを防止することに成功しました。
■ Warm Setting
The process that is adding higher loads beyond the actual limits to the highly heated spring. This will modify its shape and keep it permanently fixed. We succeeded in securing the highest performance over a long period of time while preventing sagging.

■ 窒化
スプリングに窒素を浸透させ、表面に大きな圧縮応力を持たせる表面処理法。ハイリフトカムシャフトに対応した疲労限度を確保するために採用しました。グラフは、スプリングの折損の危険性を表す疲労限度線図ですが、改良型シリコンクロムオイルデンバー材料の採用と窒化により、疲労限度(折れにくさ)を1.5倍に向上させました。
これにより従来は不可能とされていたハイリフトカムでの10000rpmを超える超高回転での使用も可能としました。
■ Nitriding
The surface treatment method for making nitrogen permeates the spring and gives it large surface compression repulsion. This method was chosen to raise the fatigue limit to suit the demands or running high lift camshafts. The dangers of spring failure is greatly reduced with the 1.5 times increase in the springs fatigue limit with the combined use of Oil tempered chromium-silicone alloy steel wire and Nitriding. This is how our valve springs are suitable for use on extreme engine speed conditions of super-high revs exceeding 10,000 RPM which had not been previously possible with high lift camshafts.

TECHNICAL INFOMATION

ECR33 RB25DETは、インテークカムシャフトのNVCS駆動用油圧配管がバルブスプリングの下部を通過しているため、インテークバルブのバルブリフト量に制約があり、ハイリフトカムを使用することができませんでした。また、強化バルブスプリングが設計上成り立ちませんでした。
今回、RB25DETインテークバルブ専用リテーナーを設定、バルブリフト量を拡大することで10.25mmまでのハイリフトカムに対応しました。また強化バルブスプリングによりカムのハイリフト化や高回転化に必要なマイナス加速度を確保しました。

High lift camshaft could not be used for ECR33 RB25DET because NVCS oil pipe is running beneath the valve spring and it restricts the amount of the intake valve lift. Neither, could strengthen valve spring have been manufactured according to its construction.
Now, we developed RB25DET special intake valve retainer that enables corresponding to high lift camshaft by 10.25mm, by enlarging the amount of valve lift. Deceleration of the valve can be also secured by applying strengthen valve spring, which is required for the high lift camshaft and high rotation of the engine.
用語解説Terminology
【サージング】
バルブスプリングの素線が振動を起こし(共振)、ばね自体が激しく振動したり、ばねの中で波が往復するような振動となる現象。

【ジャンプ】
高回転時、バルブがカムの回転に追従できずに勝手にリフトし、その後戻るときにカム面に激突し、そのまま収まらずに跳ね返る現象。

【バウンス】
バルブが戻ったときにバルブがバルブシートに密着せずにショックで跳ね返り、何回か繰り返す現象。

【疲労(つかれ)】
スプリングの繰り返し作動中に折損が発生すること。振幅の大小に関係する(リフトが大きいと疲労しやすい)

【へたり】
使用中にスプリングの荷重(自由高さ)が減少してしまう現象。作動中の最大応力、使用時間に関係する。
【Surging】
The Phenomenon which material of the valve spring resonance and causes the spring itself to vibrate violently.

【Jump】
The Phenomenon that the valve rallies to the cam surface instead of settled back. It happens when the valve cannot follow the camshaft rotation and lifted irregally.

【Bounce】
The Phenomenon that the valve is bouncing repeatedly from valve seat other than sticking to it when it is closing.

【Fatigue】
Breakage that occurs during the repeat operation of the spring. (The larger lift, the more possibilities to get fatigued)

【Sag】
The Phenomenon in which the load (free play) of a spring decreases while inuse. It is related to the maximum stress under operation and use time.

VALVE SPRING R33 RB25DE(T)

VALVE TRAIN

Photo:A TYPE

High quality designed springs is required to transfer the exact movement of the camshaft to the valves at high engine speeds on high performance engines. The TOMEI products are always engineered with precision in mind to suit the user’s needs. So with this in mind careful choices in material selection is made with surface coating and other technologies. Then the pre-production products are put through an extensive testing program for checking durability, quality and performance. We spend time and money to help you save your valuable time and money.

PRODUCT INFO

APPLICATION TYPE COMPATIBLE LIFT(mm) P/N JPY NOTES
R33RB25DE(T) A ~8.80 13203R855 ¥36,000
B ~10.25 163022 ¥54,000 ・With Intake side retainers
・For solid conversions

FEATURE / SPEC

線径DIA METER 自由長(mm)FREE LENGTH(mm) セット長(mm)SET LENGTH(mm) リフト長(mm)LIFT LENGTH(mm) 密着長(mm)COMPRESSED LENGTH(mm) セット荷重(kgf)SET LOAD(kgf) リフト荷重(kgf)LIFT LOAD(kgf) 材質MATERIAL 処理PROCESS 識別色COLOR ID
A TYPE IN Φ3.80 36.2 30.6 21.6 19.0 23.9 62.4±5% SWOSC-V 窒化Nitride Green
A TYPE EX Φ3.90 41.0 34.4 25.6 24.0 25.6±7% 72.1±7% SWOSC-VX 窒化Nitride Blue
B TYPE (IN/EX) Φ3.90 41.0 35.0 25.0 24.0 24.2±7% 80.6±7% SWOSC-VX 窒化Nitride Blue

■ 多段不等ピッチスプリング
1本のスプリングの中でバネレートを数段組み合わせることで、固有振動数が飛躍的に高くなります。共振を起こりにくくし、サージングの抑制効果も向上させました。
■ Multi Coil Unequal Pitch Springs
By combining several steps of spring rates into the one spring and vibration frequency becomes amazingly high. This greatly minimizes resonance and the chances of surging.

■ 改良型シリコンクロムオイルデンパー線
現在考えられるスプリング材料の中では最高の素材とされる、シリコンクロムオイルテンパー線材をさらに進化させる改良型を採用。
最適な設計と合わせることで、ジャンプやバウンスの発生を抑え、最高回転数を上昇させました。また、疲労限度を著しく上昇させました。
■ Advanced Oil Tempered Chromium-silicone Alloy Steel Core
Oil tempered chromium-silicone alloy steel wire is used which is considered to be the best material for springs for performance applications and evolved it even further. Combined with a new optimized design, not only did we make it tougher, we also succeeded in suppressing valve jumps or bounce even when raising the engines speeds RPM limit.

■ ショットピーニング
スプリングの表面に小さな鋼球を高速で無数に打ち付けて、ばねの表面に圧縮の残留応力を形成させ、疲労限度を増す工程。従来から実施されていますが、設計変更に併せて最適値に変更しました。
■ Shot Peening
A process that strikes many small steel balls onto the surface of the spring at high speeds is made to enhance the surface of the spring to raise its fatigue limit. Although it has been carried out earlier during the manufacturing process.

■ ホットセッチング
高温状態のスプリングに実際に使用する荷重以上の大きな荷重を加え、永久変形を生じさせる工程。長期に渡り最高の性能を確保して、へたりを防止することに成功しました。
■ Warm Setting
The process that is adding higher loads beyond the actual limits to the highly heated spring. This will modify its shape and keep it permanently fixed. We succeeded in securing the highest performance over a long period of time while preventing sagging.

■ 窒化
スプリングに窒素を浸透させ、表面に大きな圧縮応力を持たせる表面処理法。ハイリフトカムシャフトに対応した疲労限度を確保するために採用しました。グラフは、スプリングの折損の危険性を表す疲労限度線図ですが、改良型シリコンクロムオイルデンバー材料の採用と窒化により、疲労限度(折れにくさ)を1.5倍に向上させました。
これにより従来は不可能とされていたハイリフトカムでの10000rpmを超える超高回転での使用も可能としました。
■ Nitriding
The surface treatment method for making nitrogen permeates the spring and gives it large surface compression repulsion. This method was chosen to raise the fatigue limit to suit the demands or running high lift camshafts. The dangers of spring failure is greatly reduced with the 1.5 times increase in the springs fatigue limit with the combined use of Oil tempered chromium-silicone alloy steel wire and Nitriding. This is how our valve springs are suitable for use on extreme engine speed conditions of super-high revs exceeding 10,000 RPM which had not been previously possible with high lift camshafts.

TECHNICAL INFOMATION

ECR33 RB25DETは、インテークカムシャフトのNVCS駆動用油圧配管がバルブスプリングの下部を通過しているため、インテークバルブのバルブリフト量に制約があり、ハイリフトカムを使用することができませんでした。また、強化バルブスプリングが設計上成り立ちませんでした。
今回、RB25DETインテークバルブ専用リテーナーを設定、バルブリフト量を拡大することで10.25mmまでのハイリフトカムに対応しました。また強化バルブスプリングによりカムのハイリフト化や高回転化に必要なマイナス加速度を確保しました。

High lift camshaft could not be used for ECR33 RB25DET because NVCS oil pipe is running beneath the valve spring and it restricts the amount of the intake valve lift. Neither, could strengthen valve spring have been manufactured according to its construction.
Now, we developed RB25DET special intake valve retainer that enables corresponding to high lift camshaft by 10.25mm, by enlarging the amount of valve lift. Deceleration of the valve can be also secured by applying strengthen valve spring, which is required for the high lift camshaft and high rotation of the engine.
用語解説Terminology
【サージング】
バルブスプリングの素線が振動を起こし(共振)、ばね自体が激しく振動したり、ばねの中で波が往復するような振動となる現象。

【ジャンプ】
高回転時、バルブがカムの回転に追従できずに勝手にリフトし、その後戻るときにカム面に激突し、そのまま収まらずに跳ね返る現象。

【バウンス】
バルブが戻ったときにバルブがバルブシートに密着せずにショックで跳ね返り、何回か繰り返す現象。

【疲労(つかれ)】
スプリングの繰り返し作動中に折損が発生すること。振幅の大小に関係する(リフトが大きいと疲労しやすい)

【へたり】
使用中にスプリングの荷重(自由高さ)が減少してしまう現象。作動中の最大応力、使用時間に関係する。
【Surging】
The Phenomenon which material of the valve spring resonance and causes the spring itself to vibrate violently.

【Jump】
The Phenomenon that the valve rallies to the cam surface instead of settled back. It happens when the valve cannot follow the camshaft rotation and lifted irregally.

【Bounce】
The Phenomenon that the valve is bouncing repeatedly from valve seat other than sticking to it when it is closing.

【Fatigue】
Breakage that occurs during the repeat operation of the spring. (The larger lift, the more possibilities to get fatigued)

【Sag】
The Phenomenon in which the load (free play) of a spring decreases while inuse. It is related to the maximum stress under operation and use time.
PAGE TOP