TOMEI POWERED INC. ONLINE CATALOGUE

RB26用オイルパンバッフルプレート

オイルルブリケーション

オイルの偏り・飛散・気体の混入を防ぎ、安定したオイル供給を実現

加減速やコーナリングによって、車輌に姿勢変化や慣性力が発生したとき、オイルの片寄りや飛び上がりが発生します。
これを押さえるためにノーマルではコスト制約の中で考えられる最低限のバッフルが使用されていますが、スポーツ走行時に役目を果たさず、オイルの片寄りが発生してしまいます。オイルの片寄りが大きいとストレーナーの吸い口からエアーを吸い込み、オイルラインの中にエアーが回ります。
一瞬、一部分の油膜が切れただけでも金属同士の接触となって,爆発的に温度が上昇、時間によっては焼き付きが発生します。
TOMEI可動式バッフルプレートは、加減速やコーナリングなどあらゆる走行条件下で、吸引するオイルが途切れないようにするために考案したスポーツ走行用複合型バッフルプレートです。
前後、左右の慣性力で発生するオイルの片寄りは、ヒンジによる可動バッフルで防ぎ、底面と平行に入れたバッフルでオイルの飛散や姿勢変化による油面の傾斜を受けとめます。ストリートはもちろん、サーキットやゼロヨンまで、安定したオイル潤滑を果たし、エンジンの信頼性を向上します。
※良質のオイルやオイルクーラーと併せてお使いください。

PRODUCT INFO

適合 エンジン型式 品番 定価(税抜)
BNR32
BCNR33
BNR34
RB26DETT 193034 ¥17,000

FEATURE / SPEC

■片寄りを防ぐロアプレート■ LOWER PLATES CONTROL THE OIL FLOW


前後左右の慣性力で発生するオイルの片寄りは垂直方向の仕切りであるロアバッフルで抑制します。 また、ストレーナー吸い口周りを囲むように設計、ワンウェイ式のゴムバルブにより、 常にストレーナー吸い口周りにオイルをキープします。 The lower baffles will help control the flow of oil from inertial forces during cornering with the use of the rubber flaps which act as one way valves on all sides. This design will keep oil around the oil pickup at all times.

オイルパン内のオイルの偏りOIL FLOW IN THE PAN
純正のオイルパンはオイルの片寄りが大きいと、ストレーナーの吸い口からエアを吸い込み、オイルラインの中にエアが回ります。 一瞬、一部分の油膜が切れただけでも金属同士の接触となって、爆発的に温度が急上昇し、エンジン焼き付きの原因となってしまいます。 When the oil moves away from the pickup and air gets sucked in, in an instant the oil film is cut and then there is metal contact which will see the temperatures soar and can lead to terminal engine failure.



■ 飛散や傾斜を防ぐアッパープレート■ UPPER PLATE CONTROLS OIL SIDEWAYS AND UPWARDS SPLASHING


底面と並行の水平方向の仕切りであるアッパープレートでオイルの飛散や傾斜を抑制します。 またオイルがはげしく揺すられることによる気泡の発生を防ぎます。 The upper plate which lies horizontally stops the oil from rising up too high so to help keep the crankshaft dry and to minimize chances of the “windage” phenomenon.

オイルパン内のオイル傾斜や飛散OIL DYNAMICS AND SLOSHING IN THE PAN
もし、純正のようにスポーツ走行に適したバッフルプレートが入ってなかったら、液体であるオイルは、オイルパン内で受けたGによって、自由に傾斜したり、飛散したりします。それがクランクシャフトの回転の抵抗になったり、また、激しく攪拌されて気泡が発生し、それを吸い込むことにより、油膜切れの可能性が大きくなります。 If the oil is allowed to slosh vigorously during heavy driving, the spinning crankshaft can agitate the oil and cause air bubbles in the oil which can cause the oil film to get cut off due to air getting into the oil lines.

OIL PAN BAFFLE PLATE

OIL LUBRICATION

Control Oil Diversion, Scatter, Flow & Vapor Mixture, Stabilize Oil Supply.

The cars inertial forces from acceleration, deceleration and cornering will affect the oil in the pan and can also create the “Windage” phenomenon from the sloshing of the oil in the pan. Controlling these problem factors are an absolute must on performance use engines to prevent terminal engine failure. When cost factors are in place or sump upgrade restrictions apply this is the best affordable upgrade on the market for the RB26DETT engine. The TOMEI dynamic baffle plates are designed for the stock RB26 oil pan for ease of installation.

PRODUCT INFO

APPLICATION ENGINE P/N JPN
BNR32
BCNR33
BNR34
RB26DETT 193034 ¥17,000

FEATURE / SPEC

■片寄りを防ぐロアプレート■ LOWER PLATES CONTROL THE OIL FLOW


前後左右の慣性力で発生するオイルの片寄りは垂直方向の仕切りであるロアバッフルで抑制します。 また、ストレーナー吸い口周りを囲むように設計、ワンウェイ式のゴムバルブにより、 常にストレーナー吸い口周りにオイルをキープします。 The lower baffles will help control the flow of oil from inertial forces during cornering with the use of the rubber flaps which act as one way valves on all sides. This design will keep oil around the oil pickup at all times.

オイルパン内のオイルの偏りOIL FLOW IN THE PAN
純正のオイルパンはオイルの片寄りが大きいと、ストレーナーの吸い口からエアを吸い込み、オイルラインの中にエアが回ります。 一瞬、一部分の油膜が切れただけでも金属同士の接触となって、爆発的に温度が急上昇し、エンジン焼き付きの原因となってしまいます。 When the oil moves away from the pickup and air gets sucked in, in an instant the oil film is cut and then there is metal contact which will see the temperatures soar and can lead to terminal engine failure.



■ 飛散や傾斜を防ぐアッパープレート■ UPPER PLATE CONTROLS OIL SIDEWAYS AND UPWARDS SPLASHING


底面と並行の水平方向の仕切りであるアッパープレートでオイルの飛散や傾斜を抑制します。 またオイルがはげしく揺すられることによる気泡の発生を防ぎます。 The upper plate which lies horizontally stops the oil from rising up too high so to help keep the crankshaft dry and to minimize chances of the “windage” phenomenon.

オイルパン内のオイル傾斜や飛散OIL DYNAMICS AND SLOSHING IN THE PAN
もし、純正のようにスポーツ走行に適したバッフルプレートが入ってなかったら、液体であるオイルは、オイルパン内で受けたGによって、自由に傾斜したり、飛散したりします。それがクランクシャフトの回転の抵抗になったり、また、激しく攪拌されて気泡が発生し、それを吸い込むことにより、油膜切れの可能性が大きくなります。 If the oil is allowed to slosh vigorously during heavy driving, the spinning crankshaft can agitate the oil and cause air bubbles in the oil which can cause the oil film to get cut off due to air getting into the oil lines.
PAGE TOP