TOMEI POWERED INC. ONLINE CATALOGUE

ARMS T400M/T440M タービンキット SR20DET

ターボ関連

写真はT400M

ピックアップとバランスのT400M!ダイナミックさのT440M!

従来のARMSシリーズからレスポンス・トルク特性・ピークパワーなど、近年のSR20チューニングによりふさわしく使いやすいターボを目指して、タービンホイールの組み合わせを高次元にバランスしなおしました。
また、ビレッド式コンプレッサーホイールを新たに採用し、タービン効率も最適化させています。
仕様や走行目的など使用環境に応じたベストな選択ができるよう、異なる特徴を持つ2種類を製品化しました。

PRODUCT INFO

適用 タイプ 品番 定価 備考
(R)PS13 / S14 /S15
SR20DET搭載車
T400M 173031 ¥178,000 (税込 ¥195,000) ※(R)PS13 への取付には別売のインテークアダプターキットを
必要に応じてご利用ください。
T440M 173032 ¥178,000 (税込 ¥195,000)

FEATURE / SPEC

T400M


低・中速域のピックアップと高回転の伸びのバランスを重視した特性。
ストレスのない乗りやすさと扱いやすさは低中回転域を常用するストリートや、タービンレスポンスが問われるドリフト、ミニサーキット走行に適しています。
Quick spooling at the low – mid RPM range and smooth top.
The stress free and easy controlling character is a great option for street vehicles, as well as for drift and small track use that require turbo response from the low – mid RPM range.

T440M


中間域から高回転までの特性を追及しダイナミックな伸びが特徴です。
低速部分を極端に犠牲とすることなく、エンジン回転にパワーが追従するスムーズさを持ち合わせ、サーキット走行などの高回転域をキープして走る場合などにも抜群の威力を発揮します。
Developed to seek more power at the mid – high RPM range while not to spoil the low range compared to the previous model.
This flagship turbo kit of ours provides the best performances especially when the engine speed is kept at high range such at tracks.

効率向上を追求したハウジング設計NEW HOUSING FOR MORE EFFICIENCY


素材や形状を吟味し、エネルギー利用・潤滑・冷却の各効率向上を追及しています。 Redeveloped from the material for more efficiency to convert the energy straight to power with better lubrication and cooling.

フローティングメタル採用FLOATING METAL

強化アクチュエーター採用Reinforced actuator

シャフトの軸受け部にはフローティングメタルを採用しています。 High quality floating journal bearing at the center shaft. 高過給時においても安定した過給圧が得られます。Remarkable stability under high boost.

ボルトオンで装着BOLT-ON APPLICATION


取り付けの際に必要なガスケットや小部品が同梱され、加工をする事なく取付作業が始められます。 The ARMS series turbo kits all come supplied with all the required gaskets and fitting, no modifications required.

安心の1年保証1 YEAR WARRANTY


ご購入後、ユーザー登録をしていただくことで本製品は通常の使用状況における製品の不具合に関して、ご購入から1年間、弊社保証規定に基づき無償にて修理いたします。 The T400M/T440M Turbo Kit comes with a 1 year limited warranty after purchase.

■ 保証登録の方法■ HOW TO REGISTER
SPEC


  • コンプレッサーホイールデータCOMPRESSOR WHEEL DATA
  • TRIM 入口径(mm)INNER DIA. 外径(mm)OUTER DIA. BLADES
    PS13 STD 43.4 56.0
    S14/15 STD 46.6 60.1
    ARMS T400M 60 52.6 68.0 6/6
    ARMS T440M 56 56.2 75.0 6/6
    コンプレッサーホイールには高強度アルミ削り出し式を採用し、タービンの効率を最適化させました。特に可変バルタイ付エンジンではセッティング時の泣き所になるサージングを抑制します。 The all new, forged aluminum billet compressor wheel increases even more efficiency and at the same time reduces surging that is one of the well known problems on tuning especially with AVCS applications.

  • タービンホイールデータTURBINE WHEEL DATA
  • TRIM 外径(mm)OUTER DIA. 出口径(mm)EXIT DIA. BLADES
    PS13 STD 53.8 42.4
    S14/15 STD 53.8 47.4
    ARMS T400M 76.9 56.0 49.1 12
    ARMS T440M 77.4 61.5 54.1 11

    DATA

    低中速域の扱いやすさGREAT LOW-MID CHARACTERISTIC


    エンジン回転の上昇に伴った出力特性と低中速域を重視し、従来以上の乗りやすさを実現。
    サージングが出ず、しっかりとしたブーストの立ち上がりにより、実際の運転時においてもストレスや扱いにくさを感じることなく、スムーズなドライビングを可能にします。
    Improved low-mid RPM range for a much better driving experience on the street.
    Designed to reduce surging and make the power curve as linear with engine RPM as possible for a easy, smooth and stress-free driving.
    セッティングガイドSETTING GUIDE
    項目ITEM 推奨設定RECOMMENDED SETUP
    ブースト圧設定BOOST SETTINGS T400M:1.5㎏/cm2(21.3psi)ブーストコントローラー使用
    T440M: 1.6㎏/cm2(23.8psi)ブーストコントローラー使用
    T400M:1.5㎏/cm2(21.3psi)With Boost Controller
    T440M: 1.6㎏/cm2(23.8psi)With Boost Controller
    ブースト1.5kでT400Mは400ps、1.6KでT440は440psの出力を出すことが可能なタービンです。
    ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安が有るため、最低でもメタルタイプのガスケットに変更することをお薦めします。ノーマルエンジンの場合、約330psが限界の目安となります。
    その際、設定ブーストは1.0~1.1㎏/cm?(14.2~15.6psi)位です。ガスケットを交換することで上限を1.3㎏/cm2(18.49psi)、鍛 造ピストン交換で1.5~1.6㎏/cm2(21.3~22.8psi)まで設定可能になりますが、お車の状態によって変わりますのでご注意下さい。
    ブースト設定する際は、4・5速のギヤで行ってください。
    低いギヤで設定すると、高いギヤでは負荷が大きくなるため設定値以上のブーストがかかってしまいます。
    (設定した際、ピークブーストから回転が上がるにつれてブーストが下がる場合がありますが、異常ではありません。)
    T400M is designed to output 400ps at 1.5kg/cm2 boost, and T440M is designed to output 440ps at 1.6kg/cm2 boost.
    For normal engines, It is recommended to change metal type gaskets at very least, Because of concerns about gasket loss and engine strength. For normal engines, Approximately 330ps is a guideline for the limit.
    In this case, the boost setting is about 1.0 to 1.1 kg/cm2 (14.2 to 15.6 psi). By replacing the gasket, the upper limit can be set to 1.3 kg/cm2 (18.49psi), by replacing the forged pistons the upper limit can be set to 1.5 to 1.6 kg/cm2 (21.3 to 22.8psi), Please note that this will depend on the condition of each engine.
    When making changes to the boost setting, please do it when you are in 4th/5th gear.
    If you make changes whilst in a lower gear, the load will then be greater at a higher gear, and therefore the boost will be higher than the initial setting.
    (After setting the boost might drop as the rpm rises to peak boost. But don’t be alarmed as this is normal.)
    アクチュエーター設定ACTUATOR SETTINGS 必要なしNot Required since a boost controller is to be used.
    基本的にアクチュエーターは販売時の状態から変更する必要はありませんが、高負荷時のブーストをより安定させるためなど、ブーストコントローラーの設定と併用してアクチュエーターを調整することでよりブーストを安定させ、フィーリングを変えることが出来ます。
    アクチュエーターの調整は、ブーストコントローラーの補助として行うことをお薦めします。
    The wastegate actuator has been pre-set from factory and no further adjustment is required in most cases.
    It is recommended to use a boost controller along with T440M Turbo which helps to maintain stable boost and allows to adjust overall feeling.
    Adjustment of the wastegate actuator should usually only be performed as a sub-adjustment to help boost controller adjustment.
    想定馬力TARGET POWER T400M:400ps
    T440M:440ps
    ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安が有るため、最大300~330psを目安としてください。その際、設定ブーストは1.1~1.2k位です。 For normal engines, Because of concerns about gasket loss and engine strength. Use a max of 300~330ps as a guide at that moment, The setting boost is about 1.1 to 1.2k.
    ピストンPISTONS 鍛造ピストン 推奨:東名鍛造ピストンキットForged Pistons Recommended: TOMEI Forged Piston Kit
    SR20DETのノーマルピストンは強度に不安があるため、約330psが限界の目安となります。
    T400M、T440Mの設定ブーストである1.5~1.6kg/cm2といった高ブーストで使用する場合、燃焼圧力も高くなり、ノーマルピストンのままでは、いわる“棚落ち”と呼ばれる状態になる可能性があります。
    (使用状況等によっても違いますが、ブースト1.3㎏/cm2 (18.49psi)をノーマルピストンでかけた場合、エンジンの寿命が1年程度という例もあります)
    高ブーストをかける場合は、ヘッドガスケットと合わせて鍛造ピストンに変更する事をお薦めします。
    The stock SR20DET pistons are another weak point that has to be addressed when aiming for more than 330ps.
    When running either T400M, T440M turbos with 1.5~1.6kg/cm boost, the higher the combustion pressure, the higher the risk of the stock Pistons failing.
    {1.3 kg/cm (18.49psi) boost is the max limit of the stock Pistons.
    There has been cases of the engine lasting about a year with the stock pistons.} When running higher boost, together with the upgraded Head Gasket, Forged Pistons are highly recommended.
    コンロッドCONRODS 推奨:TOMEI鍛造H断面コンロッドRECOMMENDED:TOMEI H-BEAM CONRODS
    ノーマルコンロッドでも対応可能ですが、エンジン仕様や走行目的によってはH断面コンロッド(推奨:TOMEI H断面コンロッド)などの強化品へ変更をおこなってください。 The original connecting rods can be used, but depending on the engine specifications and driving purpose, the H-type connecting rod is recommended (recommendation: TOMEI H-type connecting rod)
    カムシャフトCAMSHAFT 推奨:TOMEI PONCAMRecommended: TOMEI PONCAM
    ノーマルカムでは十分な排気圧力を得られず、大きくなったタービンを活かすことができません。
    チューニング内容にあわせてカムを選択し、変更することでより効率良くタービンを活かすことが可能になります。
    With the existing camshafts, you will not get enough exhaust pressure to utilize a larger turbo.
    Replacing to the right camshafts to suit the setup helps the turbo to best perform.
    ヘッドガスケットHEAD GASKET メタルタイプへ変更
    推奨:東名メタルヘッドガスケット
    Upgraded Type Required
    Recommended: TOMEI METAL HEAD GASKET
    ブーストを上げると燃焼圧力も高くなるため、ノーマルヘッドガスケットのままだと、いわゆるガスケット抜けを起こす可能性があります。
    確実にシール性能を高めるために、高ブーストをかける際は面圧の高い強化ヘッドガスケットに交換することをお薦めします。
    ブースト圧によってガスケット厚を変更し、圧縮比調整を行ってください。
    The higher the boost, the higher the combustion pressure, and there is a risk that the gasket blows off if the factory head gasket is used. To ensure the best sealing performance, it is recommended to replace with a reinforced head gasket with higher surface pressure when running high boost pressures. Depending on the boost pressure, the gasket thickness should be changed to adjust the compression ratio.
    必要インジェクター容量INJECTOR SIZE 630cc以上 推奨:740cc630cc or Higher Recommended: 740cc
    目標馬力×5.9÷気筒数=1気筒あたりが必要とする毎分吐出量 です。
    安定した霧化状態を確保するために、インジェクター容量の80~90%で使用するのが理想となります。
    Required injector capacity to suit each setup can be calculated as follows. Target Power(HP) x 5.9 ÷ No. of Cylinders =injector volume (cc) required per cylinder.
    10-20% higher volumed injectors than the amount calculated above is recommended to obtain ideal spray on high rpm range.
    必要燃料ポンプ容量FUEL PUMP 178/h以上(燃圧3kg/cm2時)
    推奨:TOMEI 255L/h
    178/h or more (Fuel Pressure 3kg/cm2 )
    Recommended: TOMEI 255 /h
    インジェクター容量×気筒数×0.06=必用とする毎時吐出量(フューエルポンプ容量) です。
    ポンプの追従性を考慮し、80~90%位で使用出来るように選択してください。
    Required fuel pump capacity to suit each setup can be calculated as follows.
    Injector volume (cc) x No. of Cylinders x 0.06 = Fuel Pump flow rate (L/h) required for the system.10-20% higher rated fuel pump than the amount calculated above is recommended to stabilize the fuel pressure at all time.
    燃圧レギュレーターFUEL PRESSURE REGULATOR 調整式に変更が必要 推奨:TOMEI type-SAdjustable Regulator required. RECOMMENDED :TOMEI type-S
    燃料ポンプの変更に伴い、燃圧の調整が必用です。イニシャル燃圧は、大気圧で3kに設定します。 Adjusting fuel pressure is required when fuel pump is upgraded.The fuel pressure should usually be adjusted to 3kg/cm2 under the atmosphere pressure.
    エアクリーナーAIR FILTER 高効率タイプHIGHT FLOW TYPE
    エアフロメーターを活かす場合は、純正交換タイプをお薦めします。 Higher flowing, less restrictive air filter is recommended for a better performance.
    エアフロMAF SENSOR 高効率タイプZ32 Genuine, or Air Flow Less
    純正エアフロは内径が小さく、計測容量が不足してしまいます。Z32純正エアフロへ変更してください。
    450psを越えてくると、Z32エアフロでも計測容量ギリギリになってきます。
    その際は、フルコン等を活用し、エアフロレスにする事をお薦めします。
    The stock MAF diameter is too small and restrictive. So a common upgrade is the Nissan Z32 MAF sensor swap. With the Z32 MAF it is possible to reach 450p.
    In this case, it is recommended to use a fully adjustable engine management system and go MAF less setup.
    エキゾーストマニホールドEXHAUST MANIFOLDS TOMEI エキゾーストマニホールド相当TOMEI EXHAUST MANIFOLDS or Similar
    カムシャフトを交換して得た排気圧力を、より効率良くタービンホイールに当てるために、エキゾーストマニホールドを効率の良い物に交換します。
    これにより、大きい排気圧力をスムーズにタービンホイールに当てることができ、さらにブーストの立ち上がりが鋭くなります。
    By upgrading your camshafts, you can increase the exhaust pressure, this in turn will help spool larger turbines efficiently once the exhaust manifold has also been changed. All together will aid with the performance increase. Then your larger Turbine will be able to come on boost faster.
    タービンアウトレットTURBO OUTLET TOMEI タービンアウトレット相当TOMEI TURBO OUTLET or Similar
    ノーマルのアウトレットのままでは、効率良く排気ガスを抜ききることができません。
    特に高回転、高ブーストでは排気が詰まってしまい、結果的に排気ガスがタービンをうまく流れることができず、ブーストが安定しなくなります。
    そこで、アウトレットを大口径の物に交換することで送り込まれた排気ガスをしっかり抜くことが可能になり、ブーストが安定するだけでなく、タービンの効率が上がりブーストのピックアップが良くなります。
    The stock outlet pipes will hinder the gas flow efficiency. At higher engine speeds (RPM), these narrower outlet pipes will choke the Turbine exhaust gas flow, causing the boost to be unstable.
    With the larger outlet pipe, exhaust gas flow will be more efficient, boost will stabilize and the efficiency of the Turbo will increase.
    フロントパイプFRONT PIPE 推奨:パイプ径φ76.3~φ80相当Recommended: Pipe Size φ76.3~80 or Similar
    アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。 By using a similar sized pipe with the outlet pipe diameter, exhaust gas flow will be smoother, better mid range pick-up and more power in higher RPM range.
    触媒METAL CAT 推奨:メタル触媒High Flow Type is Required
    浄化能力を確保した、メタル触媒に交換することで排気抵抗を低減することが出来ます。 By upgrading to a sports metal catalytic converter, you can get the high flow performance needed whilst still meeting the most of the current smog emissions standards.
    マフラーEXHAUST 推奨:メインパイプφ80相当Recommended: Main Pipe φ80
    アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。 By using a similar sized pipe (φ80~90mm), the exhaust gas flow will be smoother, this will greatly aid to maximize exhaust flow and to prevent any performance restrictions.
    サクションパイプSUCTION PIPE 高効率タイプRecommended: Metal Catalytic Converter
    高ブーストをかけた場合、純正サクションでは変形等が起こる場合があります。
    これを交換することで吸入効率を良くすることができます。
    When running at higher boost, the stock suction pipe is not strong enough, so deformation occurs.
    You can improve the intake efficiency by upgrading it.
    インタークーラーINTERCOOLER 大容量高効率タイプLarge capacity, high flow type
    タービンで加圧された空気は圧縮されてエンジンへと送り込まれる際、圧縮された空気は熱を持ち膨張してしまいます。
    そうすると折角過給された空気密度も下がり、燃焼効率が悪くなり本来の性能が出せません。
    そこで、タービンとエンジンの間にインタークーラーを設けることで、圧縮された空気を通し、インタークーラーに走行風を当てることで熱を奪います。
    こうすることで、密度の高い圧縮空気をエンジンへ送り込む事が可能になり、燃焼効率が向上され本来の性能を得ることが可能となります。
    Compressed air from the Turbo goes into the engine. This process increases the air temperature and lowers density of oxygen in the same volume of air that also lowers the combustion efficiency.
    Supplying the compressed and well cooled air by a better radiating intercooler increases the combustion efficiency that results a better performance and more power.
    ブローオフバルブ
    (リサキュレーションバルブ)
    BLOW OFF VALVE
    (Recirculation Type)
    大気解放不可 S14/15純正リサキュレーションバルブ
    インテークリリーフ機能の適正化実施
    Recirculation type of blow off valve is required.
    Delete the stock air relieve valve system.
    ブローオフバルブを大気解放にした場合、タービンに対しては再循環した場合と同様の働きがありますがアクセル全開から全閉にした場合、全閉にもかかわらず大気解放された事によりエアフロメーターには全開時と同じ量の空気が流れてしまいます。
    そうすると、実際にエンジンに吸入されている空気量より多い空気分の燃料が噴射されるため、濃くなり過ぎてエンストしてしまいます。
    エアフロメーターは吸入空気量を計測しECUに信号をおくり、ECUはこれに見合った燃料の噴射をインジェクターに指示します。
    尚、ブローオフバルブはエンジン制御システムの一つですので、誤った使い方をしないようにご注意ください。

    ※S14/15に装着されているリサキュレーションバルブにはインテークリリーフ機能が設定されています。これは過給圧が以上に上がったときに、インテーク側で吸入空気を逃がす安全装置としての機能で、構造上、過給圧が0.1~0.4kg/cm2程度でリリーフを開始してしまいます。
    この機能を排除する事で、タービン本来の性能が発揮できます。
    When the Blow Off Valve relieves pressure by venting to the atmosphere, the turbo will work the same as the recirculation method.
    But when the throttle is suddenly closed, air will still continue to flow through the AFM which will confuse the ECU to allow more fuel to be injected into the engine even when there is insufficient air flowing into the engine.
    This will cause the mixture to run rich and cause the engine to stall.
    This fouls the plugs and drops engine performance.
    So when using a blow off valve that re-circulates like standard, this eliminates the problem and allows the ECU to accurately control the correct air/fuel mixture at all times.

    * The S14/15 comes with the Re-circulation Valve for intake relief function. This is when the pressure is higher than the supercharger, and so it acts as a safety device to allow the excess pressure to vent back into the intake system.
    This usually happens when the excess pressure reaches 0.1~ 0.4kg/cm .
    コンピューターENGINE MANAGEMENT 要現車合わせOptimize the Engines Setup
    使用される車両状況に合わせて、必ずコンピューターリセッティングを行ってください。 ECU tuning to suit each setup is required to optimize the performance and fuel efficiency as well as to protect the engine.
    プラグPLUG 要交換 推奨:8~9番相当UPGRADE REQUIRED Recommended: 8~9 Heat Range
    出力が上がった場合、それに伴い燃焼温度が高くなります。
    純正の熱価のままでは、プラグが溶けてしまうなどのトラブルに つながります。
    プラグの焼け具合によって判断しますが、8番、9番相当のプラグに交換することをお薦めします。
    The stock spark plugs are too low on their heat value for the increased combustion temperature that may cause preignition and cause the spark plug electrodes to melt down and pistons to seize / erode.Recommended plug heat value is usually 8-9, however, the best setup varies engine to engine depending on usage,condition etc.

    関連製品RELATED PRODUCT

         
    インテークアダプターキットINTAKE ADAPTER KIT   EXPREME エキゾーストマニホールドEXPREME EXHAUST MANIFOLD KIT   フルキャストターボアウトレットパイプFULL CAST TURBO OUTLET PIPE  

    ARMS T400M/T440M TURBINE KIT SR20DET

    TURBO CHARGER

    Photo:T400M

    Quick spooling and well balanced T400M! Dynamic Power of T440M!

    These 2 types of all new turbo kits have been redeveloped from scratch to satisfy the demands for SR20 tuning of these days.
    More balanced in response, torque character and the power peak compared to the previous ARMS turbo series.
    The new design of billet compressor wheel produces more efficiency to convert the exhaust flow energy to the power.
    The 2 different type are developed at the same time to offer the best option to each user to suit each demand.

    PRODUCT INFO

    APPLICATION TYPE P/N JPY NOTES
    (R)PS13 / S14 /S15
    SR20DET
    T400M 173031 ¥178,000 ※Intake Adapter Kit will be also required for (R)PS13 (not included in this kit).
    Obtain of the kit to suit installed turbo before starting the installation procedures.
    T440M 173032 ¥178,000

    FEATURE / SPEC

    T400M


    低・中速域のピックアップと高回転の伸びのバランスを重視した特性。
    ストレスのない乗りやすさと扱いやすさは低中回転域を常用するストリートや、タービンレスポンスが問われるドリフト、ミニサーキット走行に適しています。
    Quick spooling at the low – mid RPM range and smooth top.
    The stress free and easy controlling character is a great option for street vehicles, as well as for drift and small track use that require turbo response from the low – mid RPM range.

    T440M


    中間域から高回転までの特性を追及しダイナミックな伸びが特徴です。
    低速部分を極端に犠牲とすることなく、エンジン回転にパワーが追従するスムーズさを持ち合わせ、サーキット走行などの高回転域をキープして走る場合などにも抜群の威力を発揮します。
    Developed to seek more power at the mid – high RPM range while not to spoil the low range compared to the previous model.
    This flagship turbo kit of ours provides the best performances especially when the engine speed is kept at high range such at tracks.

    効率向上を追求したハウジング設計NEW HOUSING FOR MORE EFFICIENCY


    素材や形状を吟味し、エネルギー利用・潤滑・冷却の各効率向上を追及しています。 Redeveloped from the material for more efficiency to convert the energy straight to power with better lubrication and cooling.

    フローティングメタル採用FLOATING METAL

    強化アクチュエーター採用Reinforced actuator

    シャフトの軸受け部にはフローティングメタルを採用しています。 High quality floating journal bearing at the center shaft. 高過給時においても安定した過給圧が得られます。Remarkable stability under high boost.

    ボルトオンで装着BOLT-ON APPLICATION


    取り付けの際に必要なガスケットや小部品が同梱され、加工をする事なく取付作業が始められます。 The ARMS series turbo kits all come supplied with all the required gaskets and fitting, no modifications required.

    安心の1年保証1 YEAR WARRANTY


    ご購入後、ユーザー登録をしていただくことで本製品は通常の使用状況における製品の不具合に関して、ご購入から1年間、弊社保証規定に基づき無償にて修理いたします。 The T400M/T440M Turbo Kit comes with a 1 year limited warranty after purchase.

    ■ 保証登録の方法■ HOW TO REGISTER
    SPEC


  • コンプレッサーホイールデータCOMPRESSOR WHEEL DATA
  • TRIM 入口径(mm)INNER DIA. 外径(mm)OUTER DIA. BLADES
    PS13 STD 43.4 56.0
    S14/15 STD 46.6 60.1
    ARMS T400M 60 52.6 68.0 6/6
    ARMS T440M 56 56.2 75.0 6/6
    コンプレッサーホイールには高強度アルミ削り出し式を採用し、タービンの効率を最適化させました。特に可変バルタイ付エンジンではセッティング時の泣き所になるサージングを抑制します。 The all new, forged aluminum billet compressor wheel increases even more efficiency and at the same time reduces surging that is one of the well known problems on tuning especially with AVCS applications.

  • タービンホイールデータTURBINE WHEEL DATA
  • TRIM 外径(mm)OUTER DIA. 出口径(mm)EXIT DIA. BLADES
    PS13 STD 53.8 42.4
    S14/15 STD 53.8 47.4
    ARMS T400M 76.9 56.0 49.1 12
    ARMS T440M 77.4 61.5 54.1 11

    DATA

    低中速域の扱いやすさGREAT LOW-MID CHARACTERISTIC


    エンジン回転の上昇に伴った出力特性と低中速域を重視し、従来以上の乗りやすさを実現。
    サージングが出ず、しっかりとしたブーストの立ち上がりにより、実際の運転時においてもストレスや扱いにくさを感じることなく、スムーズなドライビングを可能にします。
    Improved low-mid RPM range for a much better driving experience on the street.
    Designed to reduce surging and make the power curve as linear with engine RPM as possible for a easy, smooth and stress-free driving.
    セッティングガイドSETTING GUIDE
    項目ITEM 推奨設定RECOMMENDED SETUP
    ブースト圧設定BOOST SETTINGS T400M:1.5㎏/cm2(21.3psi)ブーストコントローラー使用
    T440M: 1.6㎏/cm2(23.8psi)ブーストコントローラー使用
    T400M:1.5㎏/cm2(21.3psi)With Boost Controller
    T440M: 1.6㎏/cm2(23.8psi)With Boost Controller
    ブースト1.5kでT400Mは400ps、1.6KでT440は440psの出力を出すことが可能なタービンです。
    ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安が有るため、最低でもメタルタイプのガスケットに変更することをお薦めします。ノーマルエンジンの場合、約330psが限界の目安となります。
    その際、設定ブーストは1.0~1.1㎏/cm?(14.2~15.6psi)位です。ガスケットを交換することで上限を1.3㎏/cm2(18.49psi)、鍛 造ピストン交換で1.5~1.6㎏/cm2(21.3~22.8psi)まで設定可能になりますが、お車の状態によって変わりますのでご注意下さい。
    ブースト設定する際は、4・5速のギヤで行ってください。
    低いギヤで設定すると、高いギヤでは負荷が大きくなるため設定値以上のブーストがかかってしまいます。
    (設定した際、ピークブーストから回転が上がるにつれてブーストが下がる場合がありますが、異常ではありません。)
    T400M is designed to output 400ps at 1.5kg/cm2 boost, and T440M is designed to output 440ps at 1.6kg/cm2 boost.
    For normal engines, It is recommended to change metal type gaskets at very least, Because of concerns about gasket loss and engine strength. For normal engines, Approximately 330ps is a guideline for the limit.
    In this case, the boost setting is about 1.0 to 1.1 kg/cm2 (14.2 to 15.6 psi). By replacing the gasket, the upper limit can be set to 1.3 kg/cm2 (18.49psi), by replacing the forged pistons the upper limit can be set to 1.5 to 1.6 kg/cm2 (21.3 to 22.8psi), Please note that this will depend on the condition of each engine.
    When making changes to the boost setting, please do it when you are in 4th/5th gear.
    If you make changes whilst in a lower gear, the load will then be greater at a higher gear, and therefore the boost will be higher than the initial setting.
    (After setting the boost might drop as the rpm rises to peak boost. But don’t be alarmed as this is normal.)
    アクチュエーター設定ACTUATOR SETTINGS 必要なしNot Required since a boost controller is to be used.
    基本的にアクチュエーターは販売時の状態から変更する必要はありませんが、高負荷時のブーストをより安定させるためなど、ブーストコントローラーの設定と併用してアクチュエーターを調整することでよりブーストを安定させ、フィーリングを変えることが出来ます。
    アクチュエーターの調整は、ブーストコントローラーの補助として行うことをお薦めします。
    The wastegate actuator has been pre-set from factory and no further adjustment is required in most cases.
    It is recommended to use a boost controller along with T440M Turbo which helps to maintain stable boost and allows to adjust overall feeling.
    Adjustment of the wastegate actuator should usually only be performed as a sub-adjustment to help boost controller adjustment.
    想定馬力TARGET POWER T400M:400ps
    T440M:440ps
    ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安が有るため、最大300~330psを目安としてください。その際、設定ブーストは1.1~1.2k位です。 For normal engines, Because of concerns about gasket loss and engine strength. Use a max of 300~330ps as a guide at that moment, The setting boost is about 1.1 to 1.2k.
    ピストンPISTONS 鍛造ピストン 推奨:東名鍛造ピストンキットForged Pistons Recommended: TOMEI Forged Piston Kit
    SR20DETのノーマルピストンは強度に不安があるため、約330psが限界の目安となります。
    T400M、T440Mの設定ブーストである1.5~1.6kg/cm2といった高ブーストで使用する場合、燃焼圧力も高くなり、ノーマルピストンのままでは、いわる“棚落ち”と呼ばれる状態になる可能性があります。
    (使用状況等によっても違いますが、ブースト1.3㎏/cm2 (18.49psi)をノーマルピストンでかけた場合、エンジンの寿命が1年程度という例もあります)
    高ブーストをかける場合は、ヘッドガスケットと合わせて鍛造ピストンに変更する事をお薦めします。
    The stock SR20DET pistons are another weak point that has to be addressed when aiming for more than 330ps.
    When running either T400M, T440M turbos with 1.5~1.6kg/cm boost, the higher the combustion pressure, the higher the risk of the stock Pistons failing.
    {1.3 kg/cm (18.49psi) boost is the max limit of the stock Pistons.
    There has been cases of the engine lasting about a year with the stock pistons.} When running higher boost, together with the upgraded Head Gasket, Forged Pistons are highly recommended.
    コンロッドCONRODS 推奨:TOMEI鍛造H断面コンロッドRECOMMENDED:TOMEI H-BEAM CONRODS
    ノーマルコンロッドでも対応可能ですが、エンジン仕様や走行目的によってはH断面コンロッド(推奨:TOMEI H断面コンロッド)などの強化品へ変更をおこなってください。 The original connecting rods can be used, but depending on the engine specifications and driving purpose, the H-type connecting rod is recommended (recommendation: TOMEI H-type connecting rod)
    カムシャフトCAMSHAFT 推奨:TOMEI PONCAMRecommended: TOMEI PONCAM
    ノーマルカムでは十分な排気圧力を得られず、大きくなったタービンを活かすことができません。
    チューニング内容にあわせてカムを選択し、変更することでより効率良くタービンを活かすことが可能になります。
    With the existing camshafts, you will not get enough exhaust pressure to utilize a larger turbo.
    Replacing to the right camshafts to suit the setup helps the turbo to best perform.
    ヘッドガスケットHEAD GASKET メタルタイプへ変更
    推奨:東名メタルヘッドガスケット
    Upgraded Type Required
    Recommended: TOMEI METAL HEAD GASKET
    ブーストを上げると燃焼圧力も高くなるため、ノーマルヘッドガスケットのままだと、いわゆるガスケット抜けを起こす可能性があります。
    確実にシール性能を高めるために、高ブーストをかける際は面圧の高い強化ヘッドガスケットに交換することをお薦めします。
    ブースト圧によってガスケット厚を変更し、圧縮比調整を行ってください。
    The higher the boost, the higher the combustion pressure, and there is a risk that the gasket blows off if the factory head gasket is used. To ensure the best sealing performance, it is recommended to replace with a reinforced head gasket with higher surface pressure when running high boost pressures. Depending on the boost pressure, the gasket thickness should be changed to adjust the compression ratio.
    必要インジェクター容量INJECTOR SIZE 630cc以上 推奨:740cc630cc or Higher Recommended: 740cc
    目標馬力×5.9÷気筒数=1気筒あたりが必要とする毎分吐出量 です。
    安定した霧化状態を確保するために、インジェクター容量の80~90%で使用するのが理想となります。
    Required injector capacity to suit each setup can be calculated as follows. Target Power(HP) x 5.9 ÷ No. of Cylinders =injector volume (cc) required per cylinder.
    10-20% higher volumed injectors than the amount calculated above is recommended to obtain ideal spray on high rpm range.
    必要燃料ポンプ容量FUEL PUMP 178/h以上(燃圧3kg/cm2時)
    推奨:TOMEI 255L/h
    178/h or more (Fuel Pressure 3kg/cm2 )
    Recommended: TOMEI 255 /h
    インジェクター容量×気筒数×0.06=必用とする毎時吐出量(フューエルポンプ容量) です。
    ポンプの追従性を考慮し、80~90%位で使用出来るように選択してください。
    Required fuel pump capacity to suit each setup can be calculated as follows.
    Injector volume (cc) x No. of Cylinders x 0.06 = Fuel Pump flow rate (L/h) required for the system.10-20% higher rated fuel pump than the amount calculated above is recommended to stabilize the fuel pressure at all time.
    燃圧レギュレーターFUEL PRESSURE REGULATOR 調整式に変更が必要 推奨:TOMEI type-SAdjustable Regulator required. RECOMMENDED :TOMEI type-S
    燃料ポンプの変更に伴い、燃圧の調整が必用です。イニシャル燃圧は、大気圧で3kに設定します。 Adjusting fuel pressure is required when fuel pump is upgraded.The fuel pressure should usually be adjusted to 3kg/cm2 under the atmosphere pressure.
    エアクリーナーAIR FILTER 高効率タイプHIGHT FLOW TYPE
    エアフロメーターを活かす場合は、純正交換タイプをお薦めします。 Higher flowing, less restrictive air filter is recommended for a better performance.
    エアフロMAF SENSOR 高効率タイプZ32 Genuine, or Air Flow Less
    純正エアフロは内径が小さく、計測容量が不足してしまいます。Z32純正エアフロへ変更してください。
    450psを越えてくると、Z32エアフロでも計測容量ギリギリになってきます。
    その際は、フルコン等を活用し、エアフロレスにする事をお薦めします。
    The stock MAF diameter is too small and restrictive. So a common upgrade is the Nissan Z32 MAF sensor swap. With the Z32 MAF it is possible to reach 450p.
    In this case, it is recommended to use a fully adjustable engine management system and go MAF less setup.
    エキゾーストマニホールドEXHAUST MANIFOLDS TOMEI エキゾーストマニホールド相当TOMEI EXHAUST MANIFOLDS or Similar
    カムシャフトを交換して得た排気圧力を、より効率良くタービンホイールに当てるために、エキゾーストマニホールドを効率の良い物に交換します。
    これにより、大きい排気圧力をスムーズにタービンホイールに当てることができ、さらにブーストの立ち上がりが鋭くなります。
    By upgrading your camshafts, you can increase the exhaust pressure, this in turn will help spool larger turbines efficiently once the exhaust manifold has also been changed. All together will aid with the performance increase. Then your larger Turbine will be able to come on boost faster.
    タービンアウトレットTURBO OUTLET TOMEI タービンアウトレット相当TOMEI TURBO OUTLET or Similar
    ノーマルのアウトレットのままでは、効率良く排気ガスを抜ききることができません。
    特に高回転、高ブーストでは排気が詰まってしまい、結果的に排気ガスがタービンをうまく流れることができず、ブーストが安定しなくなります。
    そこで、アウトレットを大口径の物に交換することで送り込まれた排気ガスをしっかり抜くことが可能になり、ブーストが安定するだけでなく、タービンの効率が上がりブーストのピックアップが良くなります。
    The stock outlet pipes will hinder the gas flow efficiency. At higher engine speeds (RPM), these narrower outlet pipes will choke the Turbine exhaust gas flow, causing the boost to be unstable.
    With the larger outlet pipe, exhaust gas flow will be more efficient, boost will stabilize and the efficiency of the Turbo will increase.
    フロントパイプFRONT PIPE 推奨:パイプ径φ76.3~φ80相当Recommended: Pipe Size φ76.3~80 or Similar
    アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。 By using a similar sized pipe with the outlet pipe diameter, exhaust gas flow will be smoother, better mid range pick-up and more power in higher RPM range.
    触媒METAL CAT 推奨:メタル触媒High Flow Type is Required
    浄化能力を確保した、メタル触媒に交換することで排気抵抗を低減することが出来ます。 By upgrading to a sports metal catalytic converter, you can get the high flow performance needed whilst still meeting the most of the current smog emissions standards.
    マフラーEXHAUST 推奨:メインパイプφ80相当Recommended: Main Pipe φ80
    アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。 By using a similar sized pipe (φ80~90mm), the exhaust gas flow will be smoother, this will greatly aid to maximize exhaust flow and to prevent any performance restrictions.
    サクションパイプSUCTION PIPE 高効率タイプRecommended: Metal Catalytic Converter
    高ブーストをかけた場合、純正サクションでは変形等が起こる場合があります。
    これを交換することで吸入効率を良くすることができます。
    When running at higher boost, the stock suction pipe is not strong enough, so deformation occurs.
    You can improve the intake efficiency by upgrading it.
    インタークーラーINTERCOOLER 大容量高効率タイプLarge capacity, high flow type
    タービンで加圧された空気は圧縮されてエンジンへと送り込まれる際、圧縮された空気は熱を持ち膨張してしまいます。
    そうすると折角過給された空気密度も下がり、燃焼効率が悪くなり本来の性能が出せません。
    そこで、タービンとエンジンの間にインタークーラーを設けることで、圧縮された空気を通し、インタークーラーに走行風を当てることで熱を奪います。
    こうすることで、密度の高い圧縮空気をエンジンへ送り込む事が可能になり、燃焼効率が向上され本来の性能を得ることが可能となります。
    Compressed air from the Turbo goes into the engine. This process increases the air temperature and lowers density of oxygen in the same volume of air that also lowers the combustion efficiency.
    Supplying the compressed and well cooled air by a better radiating intercooler increases the combustion efficiency that results a better performance and more power.
    ブローオフバルブ
    (リサキュレーションバルブ)
    BLOW OFF VALVE
    (Recirculation Type)
    大気解放不可 S14/15純正リサキュレーションバルブ
    インテークリリーフ機能の適正化実施
    Recirculation type of blow off valve is required.
    Delete the stock air relieve valve system.
    ブローオフバルブを大気解放にした場合、タービンに対しては再循環した場合と同様の働きがありますがアクセル全開から全閉にした場合、全閉にもかかわらず大気解放された事によりエアフロメーターには全開時と同じ量の空気が流れてしまいます。
    そうすると、実際にエンジンに吸入されている空気量より多い空気分の燃料が噴射されるため、濃くなり過ぎてエンストしてしまいます。
    エアフロメーターは吸入空気量を計測しECUに信号をおくり、ECUはこれに見合った燃料の噴射をインジェクターに指示します。
    尚、ブローオフバルブはエンジン制御システムの一つですので、誤った使い方をしないようにご注意ください。

    ※S14/15に装着されているリサキュレーションバルブにはインテークリリーフ機能が設定されています。これは過給圧が以上に上がったときに、インテーク側で吸入空気を逃がす安全装置としての機能で、構造上、過給圧が0.1~0.4kg/cm2程度でリリーフを開始してしまいます。
    この機能を排除する事で、タービン本来の性能が発揮できます。
    When the Blow Off Valve relieves pressure by venting to the atmosphere, the turbo will work the same as the recirculation method.
    But when the throttle is suddenly closed, air will still continue to flow through the AFM which will confuse the ECU to allow more fuel to be injected into the engine even when there is insufficient air flowing into the engine.
    This will cause the mixture to run rich and cause the engine to stall.
    This fouls the plugs and drops engine performance.
    So when using a blow off valve that re-circulates like standard, this eliminates the problem and allows the ECU to accurately control the correct air/fuel mixture at all times.

    * The S14/15 comes with the Re-circulation Valve for intake relief function. This is when the pressure is higher than the supercharger, and so it acts as a safety device to allow the excess pressure to vent back into the intake system.
    This usually happens when the excess pressure reaches 0.1~ 0.4kg/cm .
    コンピューターENGINE MANAGEMENT 要現車合わせOptimize the Engines Setup
    使用される車両状況に合わせて、必ずコンピューターリセッティングを行ってください。 ECU tuning to suit each setup is required to optimize the performance and fuel efficiency as well as to protect the engine.
    プラグPLUG 要交換 推奨:8~9番相当UPGRADE REQUIRED Recommended: 8~9 Heat Range
    出力が上がった場合、それに伴い燃焼温度が高くなります。
    純正の熱価のままでは、プラグが溶けてしまうなどのトラブルに つながります。
    プラグの焼け具合によって判断しますが、8番、9番相当のプラグに交換することをお薦めします。
    The stock spark plugs are too low on their heat value for the increased combustion temperature that may cause preignition and cause the spark plug electrodes to melt down and pistons to seize / erode.Recommended plug heat value is usually 8-9, however, the best setup varies engine to engine depending on usage,condition etc.

    関連製品RELATED PRODUCT

         
    インテークアダプターキットINTAKE ADAPTER KIT   EXPREME エキゾーストマニホールドEXPREME EXHAUST MANIFOLD KIT   フルキャストターボアウトレットパイプFULL CAST TURBO OUTLET PIPE  
    PAGE TOP