TOMEI POWERED INC.

歴史・沿革HISTORY

history

変わらぬ信念を持ち続けて…。

東名パワード(東名自動車)は1968年、日産自動車ワークスドライバーとして名の知れた鈴木誠一によって、レース会社として設立されました。
以来、ドライバーであり、名チューナーであった鈴木誠一は数々のレースで上位の成績を収め、多くの伝説を残しました。
その1つ1つが日本のレース史として今でも語り継がれています。
原点でもあるツーリングカーからフォーミュラ、D1GPに至るまで様々な実戦経験を通じ製品へフィードバックしてきました。

そして過去も現在も未来も…
TOMEIは永遠にモータースポーツマインドを持ち続けます。

CONTINUING THE FAITH THAT DOESN’T CHANGE

TOMEI POWERED (TOMEI MOTOR Inc.) Was founded as a company which specialized in professional racing by Seiichi Suzuki who was known as a driver for Nissan Motor Works in 1968.
From that time Seiichi Suzuki who was also and excellent tuner helped to achieve high scoring results in numerous races and made many legends.
Stories in which is still handed down as one of Japans historical race.
We completed and have been involved in various competition levels from Touring cars to Formula Cars and the D1GP series.
From the past, present and the future, TOMEI continues to complete in motor sports.

1968
神奈川県川崎市梶ヶ谷1030にて「東名自動車株式会社」を設立。
日産系のレース専門会社として、技術課/部品課の2部門を開業し事業を創業。 資本金1,300万円。
1971
同市宮前区野川1434-18に移転。
レース用エンジンの馬力測定装置として、500HP動力計を導入。
資本金1,950万円に増資。
1973
GC/F2用のBMW・M12エンジンチューニングを手掛ける。
1978
創立10周年を迎える。 全日本F2選手権レースにワークスチームとして参戦。
レース関連の部品、用品の製造、販売に着手。部品課販売管理面において、コンピュータシステムを導入。
1986
事業拡張に伴い、開発課/製造加工課を開設、工場を別棟に新設。
同時にコンピュータ制御カム研削盤及び、シャーシダイナモ測定機を導入。
1988
創立20周年を迎える。 レース用エンジン出力向上に対応するため、800HP動力計を導入。
無限F3000用MF308エンジンのメンテナンスを開始。株式会社ル・モンド社との提携によりTMスポーツブランドの企画製造、発売を開始。同時に販売代理店制度を実施。
1989
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社からのF3エンジン開発委託により、日産CA18DEエンジンで全日本F3選手権レースにワークス参戦。
1990
無限F3用MF204エンジンのメンテナンスを開始。
全日本F3レースシリーズ、ランキング3位。マカオGPF3にワークス参戦。
1993
創立25周年を迎える。
日産F4用SR18DEエンジンの開発を開始。
1994
東京都町田市鶴間1737-3に移転、新社屋を竣工。
同時に社名を「株式会社東名パワード」に変更、CI推進を実施。
商品管理及び、経理面において第二次コンピュータシステムを導入。
1995
東京オートサロンショー国際カスタムカーコンテストにてグランプリを受賞。
マツダF4用BPエンジンのメンテナンスを開始。
1998
創立30周年を迎える。
30周年を記念し、マルゼンテクニカB110サニーを復刻製作。東京オートサロンに展示。
コンプリートエンジン発表。R32スカイラインGT-RにてDRAGレース・ラジアルクラスに参戦。
シリーズチャンピオン獲得並びに、日本記録樹立(9.167秒)。
1999
コンプリートエンジン発売開始。
新たにR34スカイラインGT-RにてDRAGレース・ラジアルクラスに参戦。
豊田工機コンピュータ制御カムシャフト研削盤を追機導入。
2000
3次元CAD導入。
第三次コンピュータシステムを導入。
R34スカイラインGT-RにてDRAGレース。プロGT-Rクラス(スリックタイヤ)に参戦。
2002
東京プラント600HP動力計を追機導入。
コンプリートエンジンをリニューアル、保安基準適合機種【DERIVE(ディライブ)】とベアエンジン【GENESIS(ジェネシス)】をアイテムに加える。
ARMSタービンキットシリーズ発売開始。
2003
創立35周年を迎える。
エキゾーストシステム EXPREMEシリーズ発売開始。
2006
アメリカ合衆国フロリダ州にTOMEI POWERED USA INC.を設立。
北米等に向けた事業を開始。
2008
創立40周年を迎える。
TOMEI CUSCO IMPREZAにてスーパーバトルファイナル(USA)参戦。総合優勝。
第四次コンピュータシステムを導入。
2014
TOMEI POWERED USA INC.を分離、別会社化。
海外向け事業についても日本にて執行とする。
2015
JTEKT コンピュータ制御カムシャフト研削盤を追機導入。
2016
第五次コンピュータシステムを導入。
1968
TOMEI automobile was established at 1030 Kajigaya Kawasaki-city Kanagawa. We opened Engineering division and Parts division as a racing company for mainly NISSAN.
Paid-in Capital: 13 million Yen.
1971
Moved to 1431-18 Nogawa Miyamae-ku. Introduced 500HP dynamometer for measuring output of racing engine. Increased the capital to 19.5 million yen.
1973
Tuned BMW・M12 racing engine for GC/F2 class.
1978
Tenth anniversary of the company’s founding.
Attended all Japan F2 championship as a member of the maker supported racing team. Started manufacturing and distributing racing parts and products. Accordingly, adopted computer system for sales management in Parts division.
1986
Newly opened development division and manufacturing division and constructed factory building according to the business expansion. Digital camshaft grinding machine and chassis dynamometer were introduced at the same time.
1988
Company’s 20th anniversary.
Introduced 800HP dynamometer in order to corresponding to the raise of max out put of the racing engine. Started maintaining MF308 engine for MUGEN F3000 racing car. Begun designing, manufacturing, and distributing the products from TM sports brand in association with Le monde.
1989
Attended all Japan F3 championship as a maker supported racing team with Nissan CA18DE engine which we developed by the commission for NISMO.
1990
Started maintaining MF204 engine for MUGEN F3000 racing car.
Finished all Japan F3 championship series in 3rd place. Attended Macau GPF3 as a maker supported racing team.
1993
25th anniversary of the company.
Started developing SR18DE racing engine for Nissan F4.
1994
Moved and constructed new building at 1737-3 Tsuruma Machida-city Tokyo.
Alternation of company name to TOMEI POWERED Incorporated, and imported the corporate identity strategy. The second stage of adoption of computer system in product management and accounting.
1995
Won grand prix in international custom car contest of Tokyo Auto Salon show.
Begun maintaining BP racing engine for Mazda F4.
1998
Reproduced MARUZEN-technica B110 Sunny for the 30th anniversary of the companyユs founding and displayed in Tokyo Auto Salon. Presentation of the TOMEI Complete Engine.
Attended to radial class drag racing with R32 skyline GT-R. Finished the series in the first place and set Japan record (9.167sec).
1999
Official debut of TOMEI Complete Engine.
Debuted also in radial class drag racing with R34 skyline GT-R. Added second digital camshaft grinding machine.
2000
Introduction of 3dimention CAD system. The third stage of adoption of computer system.Competed in DRAGracing with our R34 Skyline GT-R drag racing tyre class.
2002
Added 600hp hydraulic dynamometer to the pit.
Renewed TOMEI Complete Engine and added legal “DERIVE” and crate “GENESIS” engine to the lineup.Began new high performance turbo product line ARMS.
2003
35th anniversary of the company’s founding.
Began with new Expreme exhaust product line.
2006
Established the North American Headquarters TOMEI POWERED USA INC. in California,USA.
2008
40th anniversary of the company.
Participated in the Super Battle Final in the USA with TOMEI CUSCO IMPREZA. Won the overall championship.
The 4th stage of adoption of computer system.
2014
TOMEI POWERED INC. (Japan office) has become responsible for overseas business of TOMEI brand.
2015
Added JTEKT camshaft grinding machine.
2016
The 5th stage of adoption of computer system.
PAGE TOP