-
チタンバルブスプリングリテーナー
特殊表面処理でさらに強度・耐久性が向上
 
バルブジャンプ・バウンスを抑制し、バルブの確実で安定した追従性を実現!

エンジンを高出力化するために、高回転化は不可欠です。 さらに燃焼室への充填効率を高めるために高作用角・ハイリフトのカムシャフトやオーバーサイズバルブ使用し、より多くの混合気を取り入れることが必要です。 さらにはカムシャフトの動きにバルブを追従させるために、強化バルブスプリングも必要になります。 そのため、チューニングエンジンの動弁系のパーツには高速かつ大きな運動系質量がかかってきます。これがバルブのジャンプ・バウンスなどの異常運動を誘発し、最悪の場合エンジンに大きなダメージを与えてしまいます。 TOMEIチタンバルブリテーナーは質量軽減のためにチタン材を採用し、さらにはバルブ・バルブスプリングを確実に保持する高い強度と精度を与え、バルブの異常運動を抑制し、バルブの確実な追従性、さらにはレスポンスの向上をも実現します。

 
RB26DETT
 
SR20DET
 EJ20/25
  4G63

チタンバルブスプリングリテーナーの特徴
■軽量・高強度素材
 
チタン素材採用

この素材が軽量化に貢献し、また、毎分5000回転にも及ぶことのある、カムシャフトからの入力やバルブスプリングの反力に耐える強度を実現しています。


■高精度設計・加工
 
動弁系のパーツには軽量化はもちろんのこと、よりスムーズに動作させるために、高いバランス精度が要求されます。バルブリテーナーの場合、バルブとバルブスプリングを確実に保持することを含めた高い組付精度も要求されます。TOMEIの高精度設計・加工により、要求される精度を実現し、確実で安定したバルブの開閉を可能にしました。

■バルブの異常運動とは
 
プラスの加速度 カムシャフトがバルブを押し下げる力
マイナスの加速度 バルブスプリングがバルブを押し上げる力
 
■ジャンプ
プラスの加速度からマイナスの加速度に切り替わるところで、マイナスの加速度に追従できず、勝手にリフトし、その後戻る時にカム面に激突し、そのまま収まらず跳ね返る現象。
■バウンス
バルブが閉じていく時にバルブシートに接触後、密着せずにショックで跳ね返り、それを何回か繰り返す現象。
 
いずれの現象もバルブの動きがカムシャフトに追従したものではないため、カムやバルブシートに与える衝撃は非常に大きく、バルブの破損はもちろん、ピストンとバルブが接触してしまうこともある。 これらの現象はバルブの運動質量が大きいほど起こりやすいため、動弁系パーツの軽量化が必要になります。
 
 
■特殊表面処理とは

この表面処理は、基材の上にコーティングする物質を固定するという一般的な従来技術とは異なり、基材の表面そのものを変化させ、高度や耐久スクラッチ性、耐摩耗性、耐熱性、耐食性などを飛躍的に向上させる新しい技術です。
 
 

SPEC
適合車種
TOMEI重量
純正重量
セット品番
IN/EX
セット定価(¥)
単品品番
単品定価
(¥)
対応バルブ
スプリング
RB26DETT
BNR32/BCNR33/BNR34
9.8g 163200 62,400
(税込67,392)
161200 2,600
(税込2,808)
TOMEI
Aタイプ専用
14.9g
SR20DET(R)
PS13/S14/S15
10.8g 163201 41,600
(税込44,928)
161201 2,600
(税込2,808)
TOMEI
A/Bタイプ専用
17.3g
4G63
EVO1〜9 / エクリプス
8.7g 163202 41,600
(税込44,928)
161202 2,600
(税込2,808)
TOMEI専用
13.7g
EJ205/207/255/257 8.5g 163203 41,600
(税込44,928)
161203 2,600
(税込2,808)
TOMEI専用
12.9g
VR38 / VQ35
R35 / Z33 V35
6.9g 163205 62,400
(税込67,392)
161205 2,600
(税込2,808)
TOMEI専用
5.0g
4B11 / G4KF
CZ4A / HYUNDAI GENESIS
6.2g 163204 41,600
(税込44,928)
161204 2,600
(税込2,808)
TOMEI専用
9.2g