-
 
NISSAN VQ35DE / HR


Spec.
エンジン
車種
作用角
(度)
最大カム
リフト
(mm)
IN/EX
最大バルブ
リフト
(mm)
冷間時バルブ
クリアランス
(mm)
[±0.01]
バルタイ
初期設定値
中心角(度)
ベース円
品番
価格(¥)
VQ35DE 前期
(-05.09)
Z33 MT車 / AT車
256
10.20
IN
9.90
0.30
125
ø35.40
143063
108,000
(税込116,640)
V35 4Dr / 2Dr
MT車
EX
9.87
0.33
112
VQ35DE 後期
(-07.01)
Z33 MT車
264
10.80
IN
10.50
0.30
125
143064
EX
10.47
0.33
126
VQ35HR
Z33 MT車
IN
10.50
0.30
122
143065
EX
10.47
0.33
124


 ご注意下さい
カムリフト量11.0mm以上のカムシャフトを使用する場合は、バルブスプリングの交換が必要です。
カムリフト量11.0(IN用)以上のカムシャフトを使用する場合は、カムシャフトを装着するエンジンの仕様やeVTCの進角量などにより、ピストンとバルブが干渉する恐れがあります。装着の際はピストンとバルブの干渉を実測で確認し、必要に応じたリセス加工等を行って下さい。
例:STDヘッド・STDピストン・eVTCのSTD進角量で装着の場合、約1mm以上のリセス加工が必要です。
※リセス加工は当社にて有料で承っております。詳しくはお問い合わせ下さい。
 

NISSAN VQ35DE / HR

(IN,EX 2本セットでの販売です)
 


エンジン
車 種
作用角
最大
カムリフト
(mm)
IN/EX
最大
バルブリフト
(mm)
冷間時 バルブ
クリアランス
(mm)
【±0.01】
バルタイ
初期設定値
中心角(度)
ベース円
品番
価格(¥)
VQ35DE 前期
(-05.09)
Z33/
V35 4Dr/2Dr
MT車
256°
10.20
IN
9.90
IN 0.30
EX 0.33
IN 125
EX 112
35.4φ
142015
54,000
(税込58,320)
EX
9.87
142016
264°
10.50
IN
10.20
142017
EX
10.47
142018
272°
IN
10.20
142029
EX
10.47
142030
11.30
IN
11.00
142025
11.00
EX
10.67
142026
280°
11.30
IN
11.00
142027
11.00
EX
10.67
142028
VQ35DE 後期
(-07.01)
Z33
MT車
264°
10.80
IN
10.50
IN 0.30
EX 0.33
IN 125
EX 126
142031
EX
10.47
142032
272°
IN
10.50
142033
EX
10.47
142034
11.30
IN
11.00
142035
11.00
EX
10.67
142036
280°
11.30
IN
11.00
142037
11.00
EX
10.67
142038
VQ35HR
Z33
MT車
264°
10.80
IN
10.50
IN 0.30
EX 0.33
IN 122
EX 124
142039
EX
10.47
142040
272°
IN
10.50
142041
EX
10.47
142042
11.30
IN
11.00
142043
11.00
EX
10.67
142044
280°
11.30
IN
11.00
142045
11.00
EX
10.67
142046



Spec.
作用角
(度)
最大カム
リフト
(mm)
IN/EX
最大バルブ
リフト
(mm)
冷間時バルブ
クリアランス
(mm)[±0.01]
バルタイ
初期設定値
中心角(度)
ベース円
256
10.20
IN
9.90
0.30
125
ø35.4
EX
9.87
0.33
112
264
10.50
IN
10.20
0.30
125
EX
10.17
0.33
112
272
10.50
IN
10.20
0.30
125
EX
10.17
0.33
112
11.30
IN
11.00
0.30
125
11.00
EX
10.67
0.33
112
280
11.30
IN
11.00
0.30
125
11.00
EX
10.67
0.33
112

 ご注意下さい
カムリフト量11.0mm以上のカムシャフトを使用する場合は、バルブスプリングの交換が必要です。
カムリフト量11.0(IN用)以上のカムシャフトを使用する場合は、カムシャフトを装着するエンジンの仕様やeVTCの進角量などにより、ピストンとバルブが干渉する恐れがあります。装着の際はピストンとバルブの干渉を実測で確認し、必要に応じたリセス加工等を行って下さい。
例:STDヘッド・STDピストン・eVTCのSTD進角量で装着の場合、約1mm以上のリセス加工が必要です。
※リセス加工は当社にて有料で承っております。詳しくはお問い合わせ下さい。