使いこなしガイド

■ブースト圧設定
M7655
1.6s/cm²(22.8psi)ブーストコントローラー使用
M8260

ブースト1.6s/cm²(22.8psi)でM7655は580ps、M8260は650psの出力を出すことが可能なタービンです。ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安があるため、最低でもヘッド、マニホールド関連のガスケットをメタルタイプに変更することをお薦めします。ノーマルエンジンでガスケット交換をした場合、M7655で約500psが限界の目安となります。その際、設定ブーストは1.1〜1.2s/cm²(15.6〜17.1psi)位です。鍛造ピストン交換することで1.5〜1.6s/cm²(21.3〜22.8psi)まで設定可能になりますが、お車の状態によって変わりますのでご注意下さい。ブースト設定する際は、4・5速のギヤで行ってください。低いギヤで設定すると、高いギヤでは負荷が大きくなるため設定値以上のブーストがかかってしまいます。(設定した際、ピークブーストから回転が上がるにつれてブーストが下がる場合がありますが、異常ではありません。)
 
■アクチュエーター設定
M7655
必要なし {出荷時設定圧0.9s/cm²(12.8psi)}
M8260

基本的にアクチュエーターは販売時の状態から変更する必要はありませんが、高負荷時のブーストをより安定させるためなど、ブーストコントローラーの設定と併用して、アクチュエーターを調整することでよりブーストを安定させ、フィーリングを変えることができます。アクチュエーターの調整は、ブーストコントローラーの補助として行うことをお薦めします。
 
■想定馬力
M7655
580ps
M8260
650ps

M7655
ノーマルエンジンの場合、ガスケット抜けやエンジン強度に不安があるため、ヘッド、マニホールド関連のガスケットを交換した上で約500ps{設定ブースト1.1〜1.2s/cm²(15.6〜17.1psi)}がノーマルエンジンでの限界の目安となります。ブースト1.6s/cm²で使用する際は、鍛造ピストンに変更することをお薦めします。
 
M8260
基本、チューニングを施したエンジンに使用することを想定したタービンです。ノーマルエンジンではその性能を発揮させることが難しく、エンジン破損の可能性も考えられますので、熟慮の上ご使用ください。
 
■ピストン
M7655
鍛造ピストン 推奨:TOMEI鍛造ピストンキット
M8260

ノーマルピストンは高出力を出した場合、強度に不安があるため、約500psが限界の目安となります。M7655/8260の設定ブーストである1.6s/cm²(22.8psi)といった高ブーストで使用する場合、燃焼圧力も高くなり、ノーマルピストンのままでは、いわゆる“棚落ち”と呼ばれる状態になる可能性があります。高ブーストで使用する際は、ヘッドガスケット、マニホールドガスケットとあわせて鍛造ピストンに変更することをお薦めします。
■コンロッド
M7655
H断面コンロッド 推奨:TOMEI H断面コンロッド
M8260

ノーマルコンロッドは高出力を出した場合、強度に不安があるため、約550psを目安に強化コンロッドへの変更をお薦めします。
■カムシャフト
M7655
M8260

ノーマルカムでは十分な排気圧力を得られず、大きくなったタービンを活かすことができません。チューニング内容にあわせてカムを選択し、変更することでより効率良くタービンを活かすことが可能になります。
■ヘッドガスケット
M7655
メタルタイプへ変更 推奨:TOMEI ガスケットコンビネーション
M8260

ブーストを上げると燃焼圧力も高くなります。その場合、ノーマルヘッドガスケットのままだと、いわゆるガスケット抜けを起こす可能性があります。メタルタイプに変更することでシール性能を高めることができます。かけるブーストによってガスケット厚を変更し、圧縮比調整を行ってください。また、RB26の場合、スロットル、インテークマニホールド、エキゾーストマニホールドのガスケットは非常に弱いため、同時にメタルタイプへ変更することをお薦めします。
■インジェクター容量
M7655
600cc以上 推奨:TOMEI 700cc
M8260
700cc以上

目標馬力×5.9÷気筒数=1気筒あたりが必要とする毎分吐出量です。安定した霧化状態を確保するために、インジェクター容量の80〜90%位で使用するのが理想となります。
■燃料ポンプ容量
M7655
240L/h以上(燃圧3kg/cm²時)
推奨:TOMEI 276L/h(燃圧3kg/cm²時)
M8260
280L/h以上(燃圧3kg/cm²時)

インジェクター容量×気筒数×0.06=必要とする毎時吐出量(フューエルポンプ容量)です。ポンプの追従性を考慮し、80〜90%位で使用出来るように選択してください。
■燃料レギュレーター
M7655
調整式に変更が必要 推奨:TOMEI type-S
M8260
調整式に変更が必要 推奨:TOMEI type−L

燃料ポンプの変更に伴い、燃圧の調整が必要です。 
イニシャル燃圧は、大気圧で3s/cm²に設定します。
■エアクリーナー
M7655
高効率タイプ
M8260

目標馬力に見合った容量のクリーナーを選択してください。
 
■エアフロ
M7655
nismo製エアフロもしくはエアフロレス
M8260
エアフロレス

上限の目安として、純正エアフロが450〜480ps、nismo製エアフロが700ps位です。
 
■サクションパイプ
M7655
高効率タイプ
M8260

高ブーストをかけた場合、純正サクションでは変形等が起こる場合があります。
これを交換することで吸入効率を良くすることができます。
 
■インタークーラー
M7655
大容量高効率タイプ
M8260

タービンで加圧された空気は、圧縮されてエンジンへと送り込まれます。その際、圧縮された空気は熱を持ち膨張してしまいます。そうするとせっかく過給された空気密度も下がり、燃焼効率が悪くなり本来の性能が出せません。そこで、タービンとエンジンの間にインタークーラーを設け、圧縮された空気を通し、インタークーラーに走行風を当てることで熱を奪うシステムです。こうすることで、密度の高い圧縮空気をエンジンへ送り込むことが可能になり、燃焼効率が向上され本来の性能を得ることが可能になります。
 
■ブローオフバルブ
  (リサキュレーションバルブ)
M7655
推奨:強化タイプ (大気解放不可)
M8260

タービンにより過給された空気がスロットルを閉じることで行き場を失い、パイプ内にとどまることでタービンの回転を急激に止めようとする力が働き、タービンに大きな負担が掛かってしまいます。これを防ぐためにタービンとスロットルの間にブローオフバルブ設置し、行き場を失った空気をエアフロとタービンの間に循環させ、タービンを保護するのがブローオフバルブの役割です。ノーマルブローオフバルブを高過給圧で使用した場合、ある程度の過給がかかるとわずかにリリーフしてしまうため、タービンの性能をフルに発揮出来ず、ピックアップが悪くなったり、最高出力が落ちてしまう場合があるので、強化タイプの使用をお薦めします。また、ブローオフバルブのリリーフを大気解放にした場合、タービンに対しては再循環した場合と同様の働きがありますが、エアフロメーターの誤作動の原因になります。必ず再循環させてください。
 
■エキゾーストマニホールド
M7655
M8260

カムシャフトを交換して得た排気圧力を、より効率良くタービンホイールに当ててやるために、エキゾーストマニホールドを効率の良い物に交換します。これにより、大きい排気圧力をスムーズにタービンホイールに当てることができ、さらにブーストの立ち上がりが鋭くなります。
■タービンアウトレット
M7655
M8260

ノーマルのアウトレットのままでは、効率良く排気ガスを抜ききることができません。特に高回転、高ブーストでは排気が詰まってしまい、結果的に排気ガスがタービンを上手く流れることができず、ブーストが安定しなくなります。そこで、アウトレットを大口径の物に交換することで送り込まれた排気ガスをしっかり抜くことが可能になり、ブーストが安定するだけでなく、スムースに排気が流れるので、タービンの効率が上がりブーストのピックアップが良くなります。
■フロントパイプ
M7655
推奨:パイプ径Φ70×2相当
M8260

アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。
 
■触媒
M7655
推奨:メタル触媒
M8260

浄化能力を確保したメタル触媒に交換することで、排気抵抗を低減させることができます。
 
■マフラー
M7655
推奨:メインパイプ径 Φ90相当
M8260

アウトレット同様、排気の流れをスムーズにすることで、中間域のピックアップ、高回転の伸び共に良くなります。
 
■コンピューター
M7655
要現車合わせ
M8260

お車の状況に合わせて、必ずコンピューターのリセッティングを行ってください。
 
■プラグ
M7655
要交換 推奨:8〜9番相当
M8260

出力が上がった場合、それに伴い燃焼温度が高くなります。純正の熱価のままでは、プラグが溶けてしまうなどのトラブルにつながります。プラグの焼け具合によって判断する必要が有りますが、8〜9番相当のプラグに交換することをお薦めします。
 
 


Copyright (C) 2006 TOMEI POWERD,Inc. All Rights Reserved.